1. Shiseido Gallery 100th Anniversary
  2. Shiseido
  3. Content
  4. 2018
Installation view of the entrance hall of Shiseido head office, Tokyo. Lambda print, Dimentions variable.

In 2018, Shiseido organized an exhibition named “Going beyond and participating in beauty: Shinzo Fukuhara’s aesthetics Shinzo Fukuhara / ASSEMBLE, THE EUGENE Studio” to celebrate the 100th anniversary of the Shiseido Gallery. Kamimura & Co. was in charge of designing infographics for comparing the philosophies of three artists as a part of the exhibition. (Translation is in progress.)

資生堂が運営するギャラリー、資生堂ギャラリーの開廊100周年にあたって開催された展覧会「それを超えて美に参与する 福原信三の美学 Shinzo Fukuhara / ASSEMBLE, THE EUGENE Studio」において、Kamimura & Co. は展示作品の一部である、3者のテキストを比較するインフォグラフィックスをデザインしました。

このプロジェクトは、資生堂ギャラリーの100周年を記念して、資生堂の初代社長であり写真家でもある福原氏の活動を振り返り、その意思が現代のアーティスト達にどのように受け継がれているか、機械学習を用いて可視化する、というものです。この作品は、3者それぞれのアーカイブから選び出されたテキストの形態素解析の出力結果をベースにしています。私たちは、その出力結果を作品として成立させるためのマスタリング処理——タイプフェイスやレイアウト方法の検討、印刷のディレクション——を担当しました。まず、私たちが考えたのは、原文の意思をビジュアル——とりわけ、テキストを構成する文字の形状——の側面からも解析し、それらを再構築するというアイデアです。複数の原文で使用されていたタイプフェイスを分析し、そこから新たなタイプフェイスを生成、それを用いてこれらのインフォグラフィックスは構成されています。また、作品の印刷に際しては、福原氏の功績にちなんで、現代の写真用印刷方法であるデジタル銀塩が用いられています。この作品は、会期中に資生堂ギャラリーと資生堂本社のエントランスで展示されました。

“Going beyond and participating in beauty: Shinzo Fukuhara’s aesthetics Shinzo Fukuhara / ASSEMBLE, THE EUGENE Studio”

gallery.shiseido.com